交通事故の示談が成立しない場合はどうするのか?

加害者側との示談交渉で解決しない場合には、弁護士を入れての示談、交通事故紛争処理センターでの話し合い、民事調停、裁判所での裁判へと進むことが考えられます。

交通事故紛争処理センター

交通事故紛争処理センターとは、交通事故関連の話し合いによる解決を後押ししてくれるところです。基本的には加害者側と被害者側の話し合いということになりますが、数ヶ月程度で解決できるケースが多いようです。中には、弁護士基準での損害賠償が認められることもあると言われています。

民事調停

示談交渉での解決が不可能な場合、民事調停を利用する方法もあります。ただし、交通事故紛争処理センターでの話し合いで解決できなかった場合には、民事調停には進まないこともあるようです。

裁判

示談交渉で解決に至らない場合には、最終的には裁判でお互いの主張をぶつけ合うことになります。弁護士に依頼することが必須となるため、裁判費用とともに弁護士費用も発生します。年単位の時間がかかることもあるため、弁護士と相談の上、裁判に持ち込むかどうかを決める必要があります。

裁判=損害賠償額の増額ではありません

裁判をすることによって、損害賠償額が増額するとは限りません。判決によっては、提示した金額よりも少なくなることもありますし、一切受け取れないことも考えられます。

既往症減額

交通事故で受けた傷病ではなく、事故の前からあった症状(既往症)が事故の影響で大きくなった場合、加害者側から損害賠償額の減額要求がされることもあります。

示談交渉の時点では触れられなかったことも、裁判となってから主張されることが考えられるため、弁護士としっかり協力して、きちんと反論できるような証拠集めやシュミレーションをすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です