交通事故に遭ったら何はなくとも警察へ連絡

交通事故はある日突然起こります。事故に遭ったばかりというのは、怪我の度合いにもよりますが、一種の興奮状態になってしまうこともあるため、冷静な判断ができなくなることがほとんどです。

そのため、ただただオロオロするだけで何もできずに、加害者に言われるがまま、その場で示談に応じてしまうことも考えられます。
ここでは、交通事故の被害者になった際にやるべきことを、順番にわかりやすく解説していきます。

まずは警察に連絡する

交通事故に遭った際に一番最初にすることは、警察に連絡することです。警察に連絡しなければ、交通事故として処理されないため、加害者の保険会社からも慰謝料が出ることはありません。

中には名刺などを渡してその場から離れようとする加害者もいるかもしれませんが、まずは警察に連絡することが、その後の示談交渉へのスタートとなります。

警察の役割は捜査のみ

事故現場に到着した警察がすることは、現場の実況見分や加害者や被害者からの事情聴取、目撃者がいれば目撃者への事情聴取です。

そのため、事故現場で示談の交渉をすることはありませんし、過失割合がその時点で決定することもありません。あくまでも刑事裁判に相当するか否かのための捜査が行われるのみです。

人身事故で届出をする

交通事故は、人身事故と物件事故の2つの種類に分かれますが、交通事故の被害者となった際には、必ず人身事故としての届出をします。人身事故の届出には病院の診断書の提出が必須です。現場検証が終わったら速やかに病院に行くようにしましょう。

実況見分調書・供述調書

人身事故として扱われますと、実況見分や加害者や被害者や事故の目撃者から事故の状況を聴取することで、実況見分調書や供述調書が作成されます。