交通事故の現場検証が終わったら病院へ行こう

交通事故の現場検証が終わったら、加害者の保険会社に連絡をした後、すぐに病院に行きましょう。

例えばむち打ちの場合、その場では特に痛みがなかったとしても、時間が経ってから痛みが出てくることが多いことから、病院に行くことが後回しとなってしまい、すぐに治療していれば防げたことが防げなくなるケースも少なくないようです。

診断書と領収書

病院で治療を受けたら必ず診断書を発行してもらいましょう。警察へ人身事故として届出をするための提出書類となります。それから治療費を支払った後の領収書は、捨てずに必ず保管しておくようにしましょう。

健康保険は使える?

交通事故の傷病の治療は健康保険ではなく、自由診療なのではないかと思われるかもしれませんが、実際には、健康保険はもちろん、労災の使用が可能となっています。

通院交通費について

通院交通費とは、交通事故で受けた傷病の治療のために病院に通う際の交通費です。保険会社では、基本的には電車やバスといった公共交通機関や、自家用車を使用することが前提となっています。

そのため、タクシーを使用する場合は、医師が作成する診断書に、タクシーを使わなければならない理由が記載されている必要があります。個室入院の場合も同様です。

症状固定

症状固定とは、治療やリハビリテーションを行っても、これ以上は症状の回復が見込めない状態のことをいいます。加害者側の保険会社からは、治療開始から症状固定までの期間に関して、治療費や通院交通費が支払われることになっています。

保険会社の担当者の中には、症状固定を促すような交渉をするケースもあるようですが、症状固定は医師と被害者本人で決めることなので、医師ときちんと相談することが大切です。