交通事故要因の怪我が完治しない場合は後遺障害等級認定をしてもらう

交通事故が原因の怪我が完治することなく、症状固定となってしまった際には、後遺障害等級認定をしてもらう必要があります。等級は第1級から第14級に分類され、それぞれの等級に応じた慰謝料や損害賠償金が、加害者側の保険会社より支払われます。

後遺障害診断書

後遺障害等級認定を受けるためには、担当医師に後遺障害診断書を作成してもらうことになります。

後遺障害診断書には、治療が始まった日や入院や治療に費やした日数、症状固定日や自覚および他覚症状、様々な検査の結果などが記載されています。

事前認定

後遺障害等級認定の申請方法のひとつに、加害者側の保険会社の担当者に必要書類を渡して手続きをしてもらう、事前認定というものがあります。

被害者側の手間がかからないというメリットがある一方で、保険会社の意向が反映される可能性もあるため、最終的な慰謝料や損害賠償の金額に影響することも考えられます。

被害者請求

被害者請求は、文字通り被害者側が後遺障害等級認定の申請をするやり方です。被害者自身はもちろんのこと、家族や親族や弁護士が代わりに行うこともできます。

必要書類を自身で用意しなければならないことから、事前認定と比べると面倒なイメージがありますが、その分、書類の細かなチェックができるため、特に交通事故案件を得意としている弁護士に依頼することで、慰謝料の大幅アップが見込めるケースもあります。

後遺障害等級認定の注意点

後遺障害等級認定は、基本的に提出された書面のみで審査されます。

特に重要視されるのが後遺障害診断書ですが、単純な記入漏れや、実施した検査が記載されていないといったことがあった場合、本来認定されるはずの等級よりも低いものになることも考えられます。

そのため、こうした書類のチェックのできる弁護士への相談をするのもひとつの方法と言えるでしょう。